恋日記


お仕事で遅くなったので二人でお弁当の夕食。
彼に車で迎えに来てもらった。

夕飯手抜きで申し訳ないなあって思う。
ちょっとバテ気味だけどがんばろー!

明日は休日なので家事も頑張るぞーっ!っと。



↓↓ 毎日ここを押してやってください。
✪ 日記ブログランキングへ
✪ 思い出日記ブログランキングへ

恋日記


サイコサスペンス好きなのだが、彼が影響を受けて二人でビデオを観る日が続く。
そのせいか朝起きるのが少々苦難、ほどほどにしよう。

体調もイマイチなのか年なのか、目の下にクマがすみついてしまった(悲)
近頃、乾燥小ジワも気になるお年頃。
トラブル肌に悩む冬なので奮発して基礎化粧品をグレードアップ!
目元専用エステ品なるものも格安にて彼に買ってもらう。
効くんかいな?
    
この数日、急に彼が家事を手伝ってくれるようになった。
「あやしい・・・」とおどけて見せると
「いつもいつも疲れた疲れたって申し訳なかったなあって反省してるから」と
まともな返事が返ってきて拍子抜けした。

「でも、いっちゃんは、それも長くは続かないんだよねぇ~」と、わざと言ってみたが
やっぱり素直な返事しか帰ってこない。
彼が素直なのは嬉しいから私も素直にならなきゃ。

○△☆に「久しぶりにみんなで集まろうよ~」のメールをした後、電話で話した。
電話途中に彼が「ピンポーン」と帰宅。
とっさに「また焼きもち妬いて迷惑かけちゃうから切るね!」と慌てて切ったものの
やっぱり隠し事はできない性分・・・
そこが!! いっちゃんとは違うもんと言いたい。

なんで嘘ついたり隠さなきゃいけないんだろ?
って気になって正直に会話の内容を話す自分がいた。

普段通り笑って聞いてる彼がいた。
こんな状態が続けばHAPPYなのだが、どこかまだ信用できなかったりして(笑)



↓↓ 毎日ここを押してやってください。
✪ 日記ブログランキングへ
✪ 思い出日記ブログランキングへ

恋日記


今年もセーターを編んでいる。
不器用なわりにはコツコツとした作業が好きだ。
今年は茶色のセーター、やっぱり彼のモノ。

一緒に暮らしているので「ほ~ら♪」と驚かせる事が出来ないのがちょっと残念。
毎日少しずつ網目の増えた毛糸がソファーにもっこり。。。
遅い彼を待ちながら仕上げることにしよう。

テレビでプロポーズされる某番組を見た。
彼女の感涙というよりかなりの感激ぶりが印象的。
いいなあ。
二人が輝いてる☆

付き合ってる頃、毎日のようにプロポーズしてた私の彼とは違うなぁ・・・
プロポーズは一生に一度だよね!と、うらやましさと少々の不満がでた(苦笑)

よし!この番組の話、してやろう!
そうこうしているうちに彼が帰宅。 

「ただいま~」って帰って来る彼の顔を見たら、なんだか拍子抜けして
これはこれでいいのかな・・・と意味不明な感想。



↓↓ 毎日ここを押してやってください。
✪ 日記ブログランキングへ
✪ 思い出日記ブログランキングへ

恋日記


三連休・・・何処か行きたかった。
○木公園で、ただウォーキングするだけでも良かった。

お写真も撮ってないなぁ最近。
会社で人のために使うエネルギーをもう少しこっちにまわしたら・・・って気分だった。

異常に束縛するくせに、依存するとほったらかしなのねと思いながらの私の会話と
また少々うるさくなっている彼の会話は平行線。
一緒に暮らす前の方が良かったんじゃないかとさえ思わせる彼の暴言は
私の心に傷かシコリになっているんじゃないかな。

自分の顔に生気がないように思う。
自分を取り戻すためにも外にでよう。
新しく派遣できた人と一緒にお仕事するようになった。
まだぎこちない会話で作る笑顔に救われた気がした。

なんてことのない会話が大切だと感じた日。

いっきに明るい顔に戻ってるのが不思議だ。
ときには刺激も必要かも。



↓↓ 毎日ここを押してやってください。
✪ 日記ブログランキングへ
✪ 思い出日記ブログランキングへ

恋日記


新年から日記さぼってた。

初めて大晦日から彼と過ごすお正月。
お正月の過ごし方の違いでもめたような・・・。

その他の揉め事・・・彼は自分勝手。
自分でも「そうだ」と自負する始末。
それは通りません。
私も同じようにすると決めた新年でもある。
まあ、それでも結局は納まって また平凡な生活を過ごしている。
こんな繰り返しにイライラする事も多いが
愛されているコトだけは事実だから小さな事は目をつぶる私がまだいるのも確か。

乾燥して肌の調子が悪い。
年を重ねるって素敵なコトだけど鏡を見るのが憂鬱な日もあるのね。
オバサンになった気がした。
ちょっと抵抗してお手入れなどしてみよう。
何より彼に愛されて充実した日々を過ごすのが一番の美容液なのに元気ない・・・。



↓↓ 毎日ここを押してやってください。
✪ 日記ブログランキングへ
✪ 思い出日記ブログランキングへ

恋日記


今年暮れの賃貸トラブルは二人の中の重大ニュースになるな。

君の実家にかかってきてた「ワンギリの自宅版」がピタリと止まったのも
今にしてみれば「子供もイタズラ」じゃないんだから・・・と確かに笑えるが
君の家にまで迷惑かけて本当にすまないと思ってる。

誰かさんお得意の(苦笑)真綿で首を絞めて相手を追い詰めたけど
もうこれ以上は、どんなに腹がたっても動かないこと!
正しいのはわかってるけど、元気のない○○を見てるのが一番辛いから
早く忘れて新しい年を迎えよう。

○○に逢えて 本当に良かったと思ってる。
ありきたりの言葉だけどホントにそう思う。
「なんでもしてあげるよ」が自分の口癖だったけど
今は穏やかで幸せな生活をさせてあげたいと思うから、仕事も頑張るよ。

君は仕事をセーブして家事中心の生活に戸惑ってるのか寂しいのか
昨日の夜はイライラしてたみたいだけど 
まあ、俺も給料そんなによくないけど
やっぱり○○には家の仕事だけして「おかえりなさい」って向かえてほしいのが本心なんだ。
(どうしても仕事を完全復帰したいって言うなら仕方のない事だけど・・・)

あんまり体も丈夫じゃないんだから、無理してまた体調崩さない為にも
専業主婦いかがですか?
     
二人で迎える4回目のMerry X’mas



↓↓ 毎日ここを押してやってください。
✪ 日記ブログランキングへ
✪ 思い出日記ブログランキングへ

恋日記


今年のクリスマスは静かなクリスマスだった。
トラブルが解決して静かな日常が戻った我が家。

二人でケーキ作りして
ホットカーペットにお布団かけて彼とゴロゴロ ビデオを観た聖夜。
疲れてイライラしている私を受け止めてくれて ありがとう。 
叱ってほしかったのかもね。
なんか変な自分。。。

貴方に抱きしめられてると、何も怖いものなんてないね、とりあえず今のところ(笑) 
今年のケーキは手を抜いたので去年ほど美味しくなかったのが難。



↓↓ 毎日ここを押してやってください。
✪ 日記ブログランキングへ
✪ 思い出日記ブログランキングへ

恋日記


貴方に言い忘れてた。
守ってくれてありがとう。
落ち着いてた貴方は素敵だったよ。

ドライブしてる時、車にはねられて死んでしまった猫ちゃんを「見ちゃダメ」とも言わずに
大きな手で私の目をふさぐ貴方を思い出した。
それを思い出して言ってしまったんだ・・・アイツに。

A氏が壁を叩いたり大声張り上げたり
言えば言うほど値段を吊り上げてケチをつけ始めた事も言った。

「言えば言うほど値段がつり上がるしヤクザ二人が怖くて
ご主人は納得したのですね」と私を怒らせようとするアイツ、I氏。

「主人は納得なんてしてません。
先に帰ってろって言ったのに残った私を守るためにあれ以上何も言わなかっただけです」

「不動産屋さんなのかリフォーム屋さんなのか
何処の誰かもわからない二人がいきなり請求書ですよ!

名刺くれと言っても差し出さなかったから、あとから一人で名刺もらいに戻ってますよ」
「守るとは?」アイツはやっぱり聞いてきたんだ。

「一緒になって声荒げてケンカする事だけが守るって事ですか?
私にイヤな思いをさせたくない、こんな場所から早く出してあげたい
そう思う事も守るって事じゃないんですか?私はそう思ってますよ」

この時は寡黙な貴方の優しさが痛い程伝わって、泣きながら言ったんだ。
アイツは一瞬黙ってしまった。

「そうダンナさんがお前を守るために・・・と後からおっしゃったんですか?」
しばらくおいてアイツは少し笑いながらまた言ってきた。

「主人はそんな事さえ言いません。
何も言わなくても伝わるものがあるってIさんには理解できませんか?」

「ヤクザよりご主人の方が強いと・・・?」アイツはまだ私に対して食い下がる。
「誰が強いとか弱いの問題じゃないんじゃなくて
今日お電話している本題から逃げないでください」

彼が3年前に部屋を借りた時から詐欺が始まっていた事を濁して
「こんなに人を疑った事なんて生まれて初めてですよ」の言葉に換えた。

全ての会話の最後にアイツは言った・・・
「奥さんのお言葉一字一句A氏にしっかりと伝えます」

この会社に電話すること数十回目。
わかってる私達に対してまだとぼけるI氏と泣きながらの会話。
録音テープがまわっているであろう事なんてどうでもよかった。

電話を切った後に思ったこと・・・
自然に【主人】と口から出てる自分が微笑ましかった。

まだ【彼】なのにね(^^ゞ



↓↓ 毎日ここを押してやってください。
✪ 日記ブログランキングへ
✪ 思い出日記ブログランキングへ

恋日記


夢の中にいるようで夜になると思い出す。
いろいろ知りすぎてしまった私にGさんの落ち着いた声が囁く。

「3年間誰にも言わなかった事や私との繋がりも言わなかった貴方だから・・・
貴方の所にはもう何も言ってこないでしょう」

「ご主人(彼)のところにも何も言ってこないでしょう」

「県の住宅相談には行くんですか?また一人で動き回って、
相手を本気で怒らせないうちに手を引くって事も大切ですよ」

「私が最後に言ってあげられるコトは
火傷が大火傷にならないうちに人間引き際も大切だって事です」

「正直に書いてくるにしても何も届かないにしても
それを見て貴方が納得できなかった時だけお電話ください、納得できなかった時だけ・・・」

私が勇気をもらって相談していたGさんが大元だったのか・・・
ただ893さんと繋がっていただけなのかは証明していない。
もう一度電話した時には電話は通じなかった。。。

「貴方が動くと貴方の大切にしている人達の所へ行くかもしれませんよ」
落ち着いた言葉の脅しに感じた。

怖いモノ知らずの私が一番堪える言葉だった。
彼・彼ママ・実家・保証人の友人知られて思い当たる大切な人達。

県の相談所に行くかどうか彼と話し合った。
知ってしまった重大な事をどうするか?

自分達の問題が解決したからといってほっといていいのか?
そんなズルイ人間になっていいの?話が大きくぶつかる。

彼が言う。
「これはズルイ事なのか?目をつぶる事も必要だと思う」
「それやっちゃったら本気で怒らせる事になると思う」
二人とも執拗なイヤガラセが怖いわけじゃない、大切な家族が心配なんだ。
裁判はしないけど、権力に屈したわけじゃない。

893のA氏の素の笑顔と大家さんに免じて許してあげたい。
「証拠を持ってきてください」と言われている県の相談所の件は
どうしていいのかわからなくなってしまった。

知らない人が読んだらきっとこの日記は意味不明だと思うけど
アパートやマンション借りてる方へ・・・

大事をとって、契約書はコピーを取っておきましょう(笑)
敷金受領書はちゃんとありますか?
気をつけないと敷金&日割り家賃を足してもまだ足りないと
不足分を請求される場合があるかも・・・。(苦笑)
(ちなみに今の新居の不動産は地元で信頼ある所です)

私達が巻き込まれた今年最大の出来事は、落ち着いたら別の形でUPしようと思ってる。
また誰かがこんな思いをしないためにも。

久しぶりに彼に包まれて眠った。
いつも数分で怪獣になる彼が、何度も何度も私のおでこにキスして抱きしめてくれた夜。
今だから言うけど、あのね
ビルの入り口に黒い車数台と沢山の893がズラーッと並んでる場所とA氏他を見た時
ホントは私ちょっと怖かったんだ・・・^^;



↓↓ 毎日ここを押してやってください。
✪ 日記ブログランキングへ
✪ 思い出日記ブログランキングへ

恋日記


「おい!来たぞ!」彼が会社から電話。
「ええっっウソー?」と驚いた私。
「もう ほっとけ!」と彼が言う。

書くに書けないであろう・・・
きっと届かないであろうと思っていたある封筒が彼の会社に届いてビックリ!
すぐにFAXで送信してもらう。

それは893さんからのお便りだった。
担当のA氏の字ではないね・・・。

振込み先も支払い期日もない請求書。
金額は預けた敷金と日割り家賃を足した数字がドンピシャリと並んでいた。
それを見た時、もう許してあげようの気持ちがわいてきて
なんだかちょっぴり切なさが残る請求書に見えた。

もっとカッコ良く正直に敷金日割り家賃の数字も明記して
差し引き0と請求書に書いてあれば引き際がカッコイイと変な感情もわいたような気がする。
さすがにそれは書けなかったA氏と某不動産。

「いっちゃん 裁判はやめよう・・・トントンだって事だよね。
不足分チャラなら、もうあとはくれてやる~って感じ」
「お部屋を3年間貸してくれて、この事情を何も知らなかった大家さん夫妻に免じて。。。
あの奥様の顔を見たら・・・せつないよ」

「書きます」と言ったA氏はとりあえず約束は守ったんだよね、
この変な請求書で。
書かなきゃ裁判するって思ったのかな。。。

それとも私が「もう一度信じてみます」って言ったから?
「Aさん・・・これで本当に終わりにしてくださいね」って私が電話で言った時
A氏は「わかりました」って確かに答えた。

半端な値引き○○○4円で帳尻合わせた請求書が
これで終わりにしますとしっかり伝えていた。

「893も貴方の勇気と情にほだされたって事ですね」Gさんが言った言葉。
ほだされて終わりにしてくれたのはGさんだったのかもしれない。

「そこまでヤクザを追い詰めたのだから、貴方の方も終わりにするって事ですか?」
これは、つまり裁判はしないのかってコトを聞いてたんだね。

私は「わからない」と答えた。
「とにかく信じて待ってみます」って。
でも、何処か切なさが残るトラブルで、もうこれはこれでいいかなって思う。

私は勇気があったわけではない。
正しい事を主張しただけ。まっすぐに相手に向かった事が良かったのか悪かったのか
893さんから しつこい女だと嫌がられてた事だけは間違いなさそうである。
この日を境にイヤガラセもピタリと止まった。

「わかりましたとヤクザに言わせたのなら、これで終わりでしょう。
まあ明るい正月を迎えてください」

Gさんの言葉も信じる事にしよう。



↓↓ 毎日ここを押してやってください。
✪ 日記ブログランキングへ
✪ 思い出日記ブログランキングへ

PAGE TOP